カトリック小田原教会
Catholic Odawara Church

教会堂名:幼いイエスの聖テレジア

横浜教区司祭司牧の現在

1987年(昭和62年)

横浜教区 設立50周年

横浜司教区は50周年を迎え、宣教共同体を目指して、教区刷新運動を開始する。翌88年、濱尾司教は、横浜教区を16地区に分け、各地区に「福音宣教委員会」を設置。小田原教会は神奈川第6地区に所属し、小教区の枠を越えて諸教会と交わり、共同宣教司牧の道を歩み始める。

1989年(昭和64年 平成元年)

小田原教会 創立110周年

信徒募金によって、教会にオルガン(西ドイツ、アールボーン社製、DS16)を購入。現在も使用。

1992年(平成4年)

7月 ヌベール愛徳修道会 小田原修道院を再開

1997年(平成9年)

4月 日野武満師離任。石川裕之師着任

石川師の指導により、教会に「典礼委員会」が設置される。旧来の典礼から第2ヴァチカン公会議の典礼刷新による新しい典礼に移行する。

カトリック箱根教会が、小田原教会小教区の帰属となる。

10月5日 小田原教会の守護聖人「幼いイエスの聖テレジア」帰天100周年のミサ

1998年(平成10年)

濱尾司教 ヴァチカン教皇庁 移住・移動者司牧評議会議長に就任

横浜教区管理者 木村義男師就任

教会の「福祉の会」が発足し、路上生活者支援など福祉活動に取り組む。

1999年(平成11年)

小田原教会 創立120周年

2月7日 新玉幼稚園、園舎落成の感謝ミサ。幼稚園は、宗教法人横浜教区小田原教会から学校法人聖トマ学園の所属に変更される。

5月15日 横浜教区 第7代教区長 ラファエル梅村昌弘師 司教叙階 着座

10月3日 小田原教会 創立120周年 感謝のミサ

2000年(平成12年)大聖年

2月 福祉の会の主催で「ゼノ、限りなき愛に」映画会を市民会館で開催。収益金は小田原市福祉基金に寄付。小田原教会福祉の会、日本基督教団小田原教会、小田原クリスチャンセンターの三者が協働して、路上生活者の生活支援を開始。

4月 石川裕之師離任。河野淳師着任

2001年(平成13年)

5月27日 箱根教会 創立50周年 記念のミサと祝賀会

7月 小田原教会「聖体奉仕者」を導入(後に「聖体授与の臨時の奉仕者」に名称が変更)

2003年(平成15年)

「共同宣教司牧準備会」が神奈川県で開始。

12月6日 第1回「ふれあいコンサート」開催される(聖堂にて)。収益金はユニセフに寄付。

2004年(平成16年)

2月29日 梅村司教司式による横浜教区合同の洗礼志願式(藤沢教会にて)

10月24日 小田原教会で、初めて司祭不在の「集会祭儀」が信徒によって執り行われる。以降、月に一回程度、信徒による集会祭儀が実施されるようになる。

2005年(平成17年)

教皇ヨハネ・パウロ2世 帰天(84歳)。ベネディクト16世 教皇着座

2006年(平成18年)

神奈川第6地区で、主日のミサ担当の司祭ローテーションを導入。

11月25日 第2回「ふれあいコンサート」開催される。収益金は「世界の子供にワクチンを–日本委員会」に寄付。

2007年(平成19年)

ヌベール愛徳修道会 小田原修道院を閉院

2008年(平成20年)

4月 河野淳師離任。岡村厳師着任

4月1日 横浜教区の「地区福音宣教委員会」に代わり「地区共同宣教司牧委員会」が発足。かつての「一人の司祭を中心とした小教区」から「複数の司祭とともに、聖霊の導きによる、キリストを中心とした交わりの共同体」への転換を目指し、信徒、修道者、司祭の三者が協働して宣教使命に従事する。神奈川第6地区は、茅ヶ崎、平塚、大磯、二宮、国府津、秦野、小田原(箱根を含む)、真鶴の9教会と7修道院で構成され、「教会委員長」「典礼」「宣教」「福祉」の4部門の活動と、年3回の「全体会」開催が決まる。

2009年(平成21年)

小田原教会 創立130周年

10月4日 創立130周年 感謝のミサ 記念事業として、往時の写真展。ルルドの聖母像の化粧直し。マリア学院に図書コーナー設置。教会資料の収集・整理して「小田原教会百年記念誌」を増刷。「小田原教会の紹介リーフレット」の作成。

2010年(平成22年)

小田原教会の教会バザーに、箱根、真鶴、国府津の各教会共同体と外国籍のグループが参加。第6地区の合同ミサや合同堅信式を実施して、第6地区の教会交流が盛んになる。

2011年(平成23年)

3月11日 14時46分 東日本大震災が発生

日本観測史上最大マグニチュード9.0の超巨大地震。地震による大津波が三陸地方を中心に北海道から関東の太平洋沿岸を襲い、多くの人命を奪う。死者と行方不明者は2万2000人余りに。大津波による破壊は、東京電力福島第一原発の壊滅的なメルトダウンにも。復興の道のりは未だ遠し。

10月 小田原教会バザー 収益金は東日本被災地に寄付。

11月 第6地区宣教部会主催の朗読音楽劇「葉っぱのフレディー」上演。当日献金は東日本被災地に寄付。

2012年(平成24年)

4月 岡村厳師離任。高野哲夫師着任

第6地区福祉部門 福島市にある私立「桜の聖母短期大学」の被災者学生支援の5年間継続を決定。

11月24日 横浜天主堂献堂150周年 日本再宣教150周年 横浜教区75周年 感謝のミサと記念講演開催(パシフィコ横浜国立大ホールにて)。小田原教会から信徒35名が参加。

12月 小田原教会の公式ウェブサイト公開。

2013年(平成25年)

3月13日 ベネディクト16世 教皇退位。フランシスコ 教皇着座

2014年(平成26年)

3月 高野哲夫師離任。和野信彦師着任

2016年(平成28年)

第6地区「共同宣教司牧委員会」規約が改定される。新しい体制は ① 全体会(年3回開催) ② 3部門による活動:「祈る力を育てる部門」「信仰を伝える力を育てる部門」「神の愛を証しする力を育てる部門」 ③ 運営会(主任司祭、教会委員長、修道会代表者、3部門代表で構成)。

2017年(平成29年)

4月 和野信彦師離任。鵜飼好一師着任

4月16日 箱根町強羅にあったカトリック箱根教会が閉鎖、小田原教会との統合が決定。

7月16日 箱根教会で、箱根共同体の最後となる感謝のミサが挙げられる。

10月 横浜教区神学生、ベトナム出身のドミニコ・タン・ホアン・フィーさん、小田原教会での実習が始まる。

2018年(平成30年)

聖コロンバン会 100周年

11月25日 聖コロンバン会100周年 感謝のミサ。司式は聖コロンバン会テハン師。聖コロンバン会司牧時代の写真展示(小田原教会にて)

2019年(平成31年 令和元年)

小田原教会 創立140周年

6月16日 小田原教会創立140周年 横浜教区梅村司教を迎えて感謝のミサと祝賀会。140周年の記念行事として、教会の歴史写真集展示。昭和初期の聖像・聖具を展示。「小田原教会だより140周年記念号」を発行。関口フランスパンの記念品を配布。「小田原教会の紹介リーフレット」の改訂版制作。

梅村司教司式による140周年感謝ミサ(令和元年)

11月23 ~ 26日 教皇フランシスコ 日本訪問(長崎、広島、東京)

「すべてのいのちを守るため – Protect All Life」という来日テーマを携えて、教皇フランシスコが訪日。

11月25日 38年ぶりとなるローマ教皇の東京ドームミサには5万人が集まる。小田原教会と真鶴教会から88名が参加。他にも個人参加者が多数。

東京ドームミサ パパモービレで会場を一周する教皇フランシスコ(令和元年)

教皇フランシスコの訪日を記念して、日本のカトリック教会は、毎年9月1日から10月4日(アシジの聖フランシスコの記念日)の期間を「すべてのいのちを守るための月間」と定めて、いのちを大切にする祈りと行動を起こす取り組みが始まる。

12月 新型コロナウイルス感染症、中華人民共和国の湖北省武漢で発生(アウトブレイク)。

2020年(令和2年)

3月 新型コロナウイルス感染症(Covid-19)、世界中に拡散。世界保健機構(WHO)は、世界的な感染爆発(パンデミック)を宣言。

4月16日 ~ 5月25日 日本でも新型コロナウイルス感染症が拡大、政府が全国緊急事態宣言を発令。小田原教会は、主日のミサを非公開(信徒のミサ参列中止)。

6月 政府の新型コロナウイルス感染症緊急事態の解除宣言を受けて、小田原教会は、ミサへの参列人数を制限しながら、主日のミサを再開。教会では、信徒のマスク着用、手指消毒、聖堂の換気などの感染症対策を徹底。

2021年(令和3年)

4月 鵜飼好一師離任。宮内毅師着任

10月 小田原教会ホームページのウェブサイトをアップデート更新。

2022年(令和4年)

5月8日 小田原教会出身・ベトナム 信仰の宣教修道会 ドミニコ・タン・ホアン・フィー Dominico Than Hoang Phi 神学生 助祭叙階式(カトリック山手教会にて)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
0465-22-2590