カトリック小田原教会
Catholic Odawara Church

教会堂名:幼いイエスの聖テレジア

幼いイエスの聖テレジア

その短い生涯

 1873年1月2日、フランス、ノルマンディー地方のアランソンで、父ルイ・マルタン、母ゼリー・ゲランの9番目の子として生まれる。本名はマリー・フランソワーズ・テレーズ・マルタン。9人のうち、2人の男児と2人の女児が夭折して、実質的には5人姉妹(上から、マリー、ポリーヌ、レオニー、セリーヌ、テレーズ)。4歳の時、母と死別。姉ポリーヌを第2の母に選ぶ。1877年、父マルタンは娘たちのために、妻の実家ゲラン家が住むノルマンディー北部のリジューに転居。ベネディクト会経営の寄宿学校に入り、初等、中等教育を受ける。姉のマリーとポリーヌが、厳格な観想修道会であるカルメル修道会のリジューの修道院に入会。テレジアも修道生活を目指すようになる。15歳のとき、司教の特別許可を得て、カルメル会に入会。17歳、誓願を宣立して正式に修道女となる。修道女名は「幼いイエスと尊い面影のテレジア」。20歳、修練長補佐に任命される。1894年、父ルイ・マルタン死去。最後まで父に付き添っていた姉セリーヌもカルメル会に入会。1896年4月2日、すでに肺結核を罹患していたテレジアに最初の喀血、しかし修道院の毎日の務めは続ける。そして、死の時まで続く信仰の試練が始まる。1897年7月8日、病状が悪化して病室に移る。9月30日、19時20分頃テレジア息を引き取る。享年24歳。9年間の修道生活であった。 

 さて、祈りと観想の修道生活の中で、テレジアはのちに自叙伝原稿と名づけられる三つの文書を書き上げる。(原稿A)姉ポリーヌの依頼によって書かれたもので、幼時からカルメル入会までの思い出と信仰生活の歩みが書かれている。テレジア22歳の執筆。(原稿B)テレジアの提唱する霊的幼児の道「小さい道」について説明してほしいという長姉マリーの頼みに応えて書かれたもので、23歳の執筆。(原稿C)死の4ヶ月前、これもポリーヌの願いによるものであるが、その時の修道院長の命令という形で書かれたもので、カルメル会での修道生活についてと、兄弟愛についての論考からなっている。死の2ヶ月前に脱稿。この三つの文書こそが、没後のテレジアの運命を大きく変えていったものなのである。

聖人までの道程

 カルメル会では修道女の死に際して死亡通知に略歴を添えて修道院に回覧する慣習があり、ポリーヌは原稿Aと原稿Cをもとにテレジアの略伝を作成し回覧した。これが大きな反響を呼び、テレジア帰天の翌年、ポリーヌは3つの自叙伝原稿に「最後の言葉」と題される文章をつけて12章からなる自叙伝に編集する。これに「ある魂の物語」という表題をつけて、1898年9月30日に出版。初版の2000部はたちまち売り切れ、増刷が続く。やがて多くの言語に訳され、テレジアの名声は世界中に広まるようになる。日本でも1911年(明治44年)パリ外国宣教会のシルベン・ブスケ神父によって「小さき花」という表題で翻訳、出版される。こうして、テレジアの自叙伝は多くの読者を魅了しながら、版を重ねていく。

 テレジアに対する人々の熱狂は、テレジアの列聖運動に向かってゆく。

1914年ピオ10世教皇、テレジアの列福調査開始の教令に署名。
ベネディクト15世教皇、列聖調査は死後50年以降という教会法の規定をテレジアに限り免除、
直ちに調査が始められるようにした。
1923年4月29日 ピオ11世教皇により、福者に列せられる。
1925年5月17日 同教皇により、聖人に列せられる。
1927年12月14日 聖フランシスコ・ザビエルとともに宣教の守護聖人になる。
聖テレジアは、宣教師のために祈ることを使命とし、宣教師を志す神学生の霊的援助をしていた。
1929年9月30日 フランスのリジューで聖テレジア記念大聖堂の起工式。
1937年7月11日 後にピオ12世教皇となるパチェリ枢機卿、大聖堂を祝福。
1944年5月3日 ピオ12世教皇により、聖ジャンヌ・ダルクとともにフランスの保護聖人に宣言される。
1954年7月11日 リジューの聖テレジア大聖堂が最終的に竣工して、献堂式。
1992年カルメル会およびフランスの司教団によって聖テレジアを教会博士に推挙する請願が教皇に提出される。
1994年3月26日 ヨハネ・パウロ2世教皇により、
聖テレジアの両親である父ルイ・マルタンと母ゼリー・ゲラン・マルタンが尊者に挙げられる。
1997年10月19日 聖テレジア帰天100周年 ヨハネ・パウロ2世教皇により、
2000年の教会史上で33人目、女性では3人目の教会博士の称号を授かる。
聖テレジアの天才的な直観がとらえた霊的幼児の道、
小さい道の卓越性と教義上の正当性と新しさが認定されたということである。
2008年10月19日 ベネディクト16世教皇により、マルタン夫妻、列福。
2015年10月18日 フランシスコ教皇により、マルタン夫妻、列聖。

聖テレジアの著作物

 1992年、フランス語版の聖テレジア著作全集が発行された。内容は、自叙伝原稿314ページ、266通の手紙325ページ、詩131ページ、聖劇台本170ページ、最後のことば200ページ、祈祷文19ページ、その他45ページとなっている。聖劇台本と祈祷文以外は日本語訳があり、入手も容易である。評伝、解説本も多数出版されており、聖テレジアを知る便宜は今、たくさん与えられている。

カトリック小田原教会と聖テレジア

 小田原教会の聖堂は1931年パリ外国宣教会のルイ・マトン神父によって建てられたものであるが、マトン師は新しい守護の聖人として幼いイエスの聖テレジアを選んだ。小田原教会はすでに52年の歴史を刻み、聖ヨゼフを守護聖人に仰いできたのになぜなのか。変更の理由についての資料や言い伝えはない。あとは推測であるが。

 フランス生まれのマトン師は、もちろん“Histoire d’une Ame”「ある魂の物語」を読んだはずである。そして、聖テレジアにすっかり魅了されたのであろう。建設された聖堂は小田原教会としては初めての本格的な聖堂で、その新しい聖堂の守護聖人として、崇敬する新しい時代の聖人を選んだのではなかろうか。聖テレジアはこの時、没後34年、聖人に挙げられてわずか6年目、聖女の4人の姉たちもまだ全員健在であった。小田原教会の新聖堂が完成し、聖具が飾られていく。祭壇正面の壁の上部には聖テレジアの大きな肖像写真が掲げられた。フランスから運ばれた二つの聖像が安置される。聖テレジア像と聖ヨゼフ像である。聖ヨゼフ像は、かつて聖ヨゼフ教会だったことの記憶を留めるためだったのであろうか。

 さて、カトリック小田原教会は2021年12月に聖テレジア聖堂献堂90年を迎えることになる。現在、日本のカトリック教会で幼いイエスの聖テレジアを守護の聖人としているのは25教会を数えるが、90年の歴史を刻んだ聖堂はわずかであろう。これからも大切に守っていきたいものである。

参照

 「幼いイエスの聖テレジア – 帰天百周年教会博士授与記念」奥村一郎編 男子跣足カルメル修道会発行(1998年3月22日)文献より多数の引用をさせていただいた。

 聖テレジアの名前は、フランス語読みはテレーズとなるが、ここではカトリック教会の公式名であるテレジアを使用して表記している。

 教会博士については、2021年現在、カトリック教会において豊かな学識と聖性の証しとして教会博士の称号を受けている聖人は35名、そのうち4名が女性教会博士。アビラの聖テレサ、シエナの聖カタリナ、リジューの聖テレジア。そして、2012年にビンゲンの聖ヒルデガルトが4人目の女性教会博士に宣言されている。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE
0465-22-2590