テストヴィッド神父

教会の歴史

沿革

 

 1873年(明治6)

キリシタン禁制の高札撤去。パリ外国宣教会の宣教師11名横浜に上陸。その一人

テストヴィド師、多摩、神奈川、静岡方面を伝道。小田原にも福音の種を播く。

テストヴィッド神父

 

 1879年(明治12)

1月、テストヴィド師に教えを受けた2名の伝道士によって小田原町内(現小田原市南町1丁目)の民家を借りて伝道所開設。4月には12名、翌年には25名の受洗者が生れる。小田原における最初の信仰共同体の誕生である。

1881年(明治14)

信者も増え、伝道所が手狭になったので、武家屋敷の一軒を購入し移転(現小田原市栄町2丁目)。既存の住宅を利用し、聖堂、司祭館、集会室などをしつらえる。聖ヨゼフに捧げられ、やがて聖ヨゼフ教会とよばれるようになる。ここでの教会活動は関東大震災までの42年間続き、10名の司祭が巡回司牧にあたった。

大正8年、ジロディアス神父送別会 ヨゼフ教会の庭にて

 1923年(大正12)

9月1日、関東大地震。小田原全町壊滅的被害。教会も全壊は免れたものの甚大な被害。被災した信徒たちによって教会の建物は仮住まいとして利用されたが、聖堂は、被災を免れたある信徒の邸宅の一室に置かれ、2、3年の間そこでミサが行われた。

 1926年(大正15)

聖ヨゼフ教会のあった地域は、震災後、歓楽街に変わりつつあったので、現在の教会の所在地(現、小田原市栄町4-6)に土地を購入、移転。既存の住宅を聖堂その他に利用。しかし、震災の後遺症はあまりにも大きく、受洗者も少なかった。

 1931年(昭和6)

ルイ・マトン師着任。山形県鶴岡教会の天主堂建設に関わった師は本格的な聖堂、司祭館、信徒館の建設に着手、同年、初冬に完成。幼いイエスの聖テレジアに 捧げられた。これらは、補修を続けながらではあるが80余年の使用に耐え、今日に至る。また、同年に幼稚園(新玉幼稚園)も創設。12月28日認可。

創建当時の教会堂 マトン神父と信徒

 

 

1945年(昭和20)

3月、マトン師帰天。4月、横浜教区司祭、日野久義師着任。小田原教会においては、ここに66年に及ぶパリ外国宣教会による司牧が、たくさんの遺産を残して終わる。

終戦。教会の建物群は戦災を免れて、教会生活は徐々に再開。荒廃の時代の中、道を求めて教会の門をたたく人も次第に増えて来る。

 1948年(昭和23)

湘南地区の司牧が聖コロンバン会に委託されることが決定。

 1950年(昭和25)

コンロンバン会最初の主任司祭としてアーサー・フリール師就任。時代の状況もあって信者の増加が著しい時代の始まりでもあった。

 1976年(昭和51)

ヌベール愛徳修道会、小田原市栢山に修道院開設。その後25年間、教会のためにたくさんの奉仕をしていただくことになる。

 1979年(昭和54)

教会創立100周年を迎え、感謝ミサ、記念行事開催。

 1985年(昭和60)

湘南地区の各教会、聖コロンバン会の司牧から横浜教区に移管。

 1986年(昭和61)

9月、スカリー師離任。小田原教会での35年に及ぶコロンバン会の司牧終わる。その間、20名の司祭が司牧。9月、教区司祭、日野武満師着任。

 1987年(昭和62)

横浜教区50周年開始。教区を宣教共同体にするための刷新運動始まる。教区が16地区に分けられ、小田原教会も小教区の枠を越え、所属する第6地区の諸教会との共同宣教司牧の道を今後、進んでいくことになる。主任司祭は、石川裕之師、河野淳師、岡村巌師、 高野哲夫師、和野信彦師と続き、2017年4月鵜飼好一師着任。