あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい(マタイ 5‐16)

 主とともに歩む、その確信は、神からいただいた今日のみ言葉でいうならば、貧しくされ小さくされ、打ち砕かれて、苦しみ、悲しみ、裏切られたとき、あのイエスは教会を通してわたしを慰めてくださったことからくるのです。 

 普遍の教会といわれている、秘跡としての教会を通して、わたしたちはイエス・キリストの愛によって慰められます。その愛によって、わたしたちは慰められ、赦す力をいただきました。ときに裏切ることのある、目の前にいる教会の兄弟姉妹を赦し、和解し、ともに歩んでゆく。それが旅する教会、歴史の中で今を生きている教会の姿だと思います。 この歩みなくして、イエス・キリストが主であるという確信に至ることはできません。 

 パウロにおけるイエス・キリストが主であるという確信は、悲しみや責任から逃げてしまったら、得ることはできないでしょう。  パウロには知恵があったので、相手を論破することもできたでしょう。しかし、それによってキリストの弟子にすることはできないと言うのです。パウロは、自分が打ち砕かれていく中で悟ったのです。              愚かになること、・・・それも相手を大切にし、生かすために当たって砕け散ったその先に、主と復活のキリストが現れてくることを、パウロは悟ったのです。 キリストに繋がれた愛は、過ぎ去り消えるものではなく、打ち砕かれようとも希望を持って歩んでいけるのです。そんな確信に至らせるその恵みを、わたしたちは神父の言葉によってではなく、生(なま)の命のみ言葉と、皆さん自身の命との交わりの中で体験していくのです。それが、主イエス・キリストは神でありながら、肉を受けてこの世に来られた意味なのです。

主イエスは、今、わたしたちが生きているこの時に、その恵み、その光を受けなさいと言います。その光をもたらす道は、自分をではなく、相手を輝かせようとするところにあります。自分が貧しく、損をすることになろうとも分かち合い、後の見返りなど期待せずに、まわりから「なぜそんなことを」と言われても、相手を輝かせようとする、それこそが自らを輝かせる光になるのだと(第一朗読の中で)予言者を通して語られます。    その道筋で、わたしたちは必ず打ち砕かれます。そして自らの醜さがあらわになります。そのとき、これほどまで(相手のために)してあげたのに……と言ってしまいます。でも、その時にこそ、わたしを受け容れてくださった主キリストの十字架を見るのです。

 他者との」交わりの中で、自分の弱さや醜さを知るのでしょう。それらは相手との関わりでものを言っている間は見えてきませんが、その言葉を閉じ、沈黙のうちに神の前に立ったとき、知ることになるのでしょう。わたしたちの罪や弱さのために、主イエスを死へと追いやった自分自身の弱さを知るのです。にもかかわらず主イエスは、わたしたちをなじることなく、絶望の中にいるわたしたちに手を差しのべてくださいます。主イエスの言葉に信頼して自分自身を傾けることができるでしょうか。それは、わたしたち一人ひとりの信仰の中で主イエスに近づくかどうかによるのです。予言者は招くことしかできません。恵みに与るには、それぞれ自分自身が、その一歩を踏み出すしかありません。大人か、子どもかを問いません。わたしたちの中に生きている霊は、大人、子ども関係なく、主イエスを賛美し、主イエスに応えることができます。主イエスを感じ、神の前に立つ素晴らしさとその恵みを、幼いものに伝えていく責任が大人にあります。大人が知らなければ子どもに伝えることはできません。                             わたしたちは地の塩、世の光であるということを。

 わたしたちは主イエスと繋がることで光となります。わたしたちを輝かせているのは主イエス。その光がどこから来るのか、知りたくてたどると教会に行きつくのです。これが宣教の基になるのです。わたしたちも、主イエス・キリストに結ばれて光となりましょう。

2014年2月9日  年間第5主日 

                           高野哲夫神父説教から(抜粋要約) 

                                                       

 

                    

                           

                                                                                                                        

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です